SoBaNi 株式会社協同

トピックス

2020.05.21

BLOG

初めての試み

皆さん、こんにちは。代表取締役の西川源徳です。今年のゴールデンウィークは弊社で初めて『本を読もうキャンペーン』を実施しました。新型コロナウィルスの影響で外出もままならない状況だったため、社員のお家時間のために何かできないか…と考えた社内キャンペーンです。キャンペーンの内容は、期間中に本を読み、その感想を提出してもらえれば本の購入費用を会社で負担するものでした。


ゴールデンウィーク直前に考え付き、急いで社内に広報したため、「どのくらいの方がこのキャンペーンを活用してくれるだろうか…」と少し心配でした。しかし、期間を終えてみると、私の予想よりも多くの方が活用してくれたので嬉しく思うと同時に、私が選ばないようなジャンルの本の感想文を読むと、とても興味深く、私も同じ本を読んでみたいと思いました。「本も出会いだなぁ」とつくづく感じました。


私はというと、“知の巨人”や““マネジメントの父”と称されたピーターF.ドラッカーの著書である『経営者の条件』『現代の経営(上・下)』を読みました。ドラッカーは格言、名言が多いので私もエッセンス本などを通じて何冊かは目を通したことがありました。しかし、今回じっくりと読み進めていくと、理解した気になっていただけで全然理解できていないことばかりだという事に気が付くことができました。この本は、経営者だけが読む本ではありません。成果をあげるために自らをマネジメントする方法について書かれた本です。興味のある方は読んでみてください。


このゴールデンウィークは私にとって、「チャンスはこうした辛い時期の後に必ずやってくる。今は次のチャンスを捉える為の大事な準備期間。」と自分を奮い立たせるものでした。未だ、終息しない新型コロナウィルスですが、終息する日はいずれやってきます。その時には世界の価値観が大きく変わるのではないかと私は考えています。その時に備えるためにも、今は知識をインプットしておく大切な時期だと思っています。

初めての試み